ワコールのオンラインショップに不正アクセス、4,757名の顧客情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.26(土)

ワコールのオンラインショップに不正アクセス、4,757名の顧客情報が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ワコールは11月19日、同社のオンラインショッピングサイト「ワコールオンラインショップ」において外部からの不正アクセスがあり、4,757名の顧客情報が流出したことが判明したと発表した。このシステムは、NECネクサソリューションズ株式会社が運用業務を委託されている。

発表によると、2005年7月14日から11月9日の間に商品を購入した24,322名のうち、4,757名の顧客情報が不正アクセスによって流出した。個人情報には注文番号、お客様番号、住所、電話番号で、氏名や購買履歴は含まれていない。しかし、1,899名についてはクレジットカード番号と有効期限が含まれていた。

11月7日に、顧客からインターネット上でのクレジットカード不正使用について問い合わせがあり、調査した結果、11月17日にこれらのクレジットカードの不正使用とワコールオンラインショップの顧客に関連があると判断し、データ流出経路の特定作業を実施した。これにより11月18日、サーバに外部からの不正アクセスの形跡を発見したという。

ワコール:ワコールオンラインショップ 顧客データの流出について
http://www.wacoal.co.jp/owabi0511/

NECネクサソリューションズ:ワコールオンラインショップ 顧客データの流出について
http://www.nec-nexs.com/news/press2005/1119.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×