情報漏洩対策システム「CWAT」の後続製品を2006年に発表予定(インテリジェントウェイブ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

情報漏洩対策システム「CWAT」の後続製品を2006年に発表予定(インテリジェントウェイブ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社インテリジェントウェイブは10月26日、同社の情報漏洩対策システム「CWAT」の後続製品を2006年2月に出荷予定だと発表した。
製品コードネームは「スカイビーン-Skybean-」。

新バージョンでは、大幅に性能向上した行動追跡型の特異挙動検知エンジンを搭載、より確実にPCクライアントの不審オペレーションを検知・防止することが可能となる。
また、クライアントの複数言語混在環境における一元監視や、社内クライアント上に分散している個人情報の自動検知および操作遮断機能、禁止操作の一時利用承認機能などを備える。
さらに、SOA型連携を可能とするオープンプラットフォーム製品を提供し、CWAT以外のさまざまなシステムと連携する。

なお、製品の価格や詳細の発表は2006年1月を予定している。

http://www.iwi.co.jp/japanese/pdf/pdf_051026.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×