社内のPC端末からの情報漏洩を監視・防御する不正利用制御システム(NTTコミュニケーションズ) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

社内のPC端末からの情報漏洩を監視・防御する不正利用制御システム(NTTコミュニケーションズ)

NTTコミュニケーションズ株式会社は、企業向けセキュリティサービスの一環として、社内のPC端末からの情報漏洩を監視・防御する不正利用制御システム「GuardIT マネージド内部情報漏洩対策」(仮称)の提供を11月より開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NTTコミュニケーションズ株式会社は、企業向けセキュリティサービスの一環として、社内のPC端末からの情報漏洩を監視・防御する不正利用制御システム「GuardIT マネージド内部情報漏洩対策」(仮称)の提供を11月より開始する。

同システムは、従業員の業務端末にインストールされたエージェントが端末の動作を常時監視し、ポリシー違反行為の禁止・警告・記録を行うことにより社員の故意・過失による情報漏洩を防止するもの。
インテリジェント ウェイブの内部情報漏洩対策システム「CWAT(シーワット)」の国内初のマネージド型サービスであり、新たにシステムの構築や運用・保守をすることなく、初期費用と月額料金のみで利用可能。
回線は同社VPNサービス「Group-VPN」と「Bフレッツ」を利用。
監視可能な対象OSはWindowsXP/2000、Windows Server 2003。

初期費用は310万円から、ランニングコストは月額28万円から(以上税別)。

http://www.ntt.com/release/2005NEWS/0010/1024.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×