ACCSとBSA、著作権侵害摘発の大阪府警に感謝状を贈呈 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.22(火)

ACCSとBSA、著作権侵害摘発の大阪府警に感謝状を贈呈

製品・サービス・業界動向 業界動向

ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)とビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は10月19日、「そふとはうす」の名称で不特定多数に電子メールを送りつけ、PC用ビジネスソフトの海賊版を販売していた男性らによる著作権侵害の刑事摘発について、摘発を行った大阪府警察本部を訪問して感謝状の贈呈を行ったと発表した。

これは、海賊版の販売に際し個人情報の不正入手や迷惑メールの大量送付を行うなど、悪質性が顕著であった同事件の解決をACCSとBSAが高く評価したもので、両団体が捜査機関に対する感謝状を共同で贈呈するのは初めてのことだという。

ACCS
http://www2.accsjp.or.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×