Googleにしのびよるアドウェア | ScanNetSecurity
2022.01.29(土)

Googleにしのびよるアドウェア

 米国のニュースサイト『Newsdays.com』が18日、コロラド州のスパイウェア対策ソフトを提供する企業Webroot Softwareが、検索エンジンのGoogleの結果を変えてしまうアドウェアについて警告していると報じた。

国際 海外情報
 米国のニュースサイト『Newsdays.com』が18日、コロラド州のスパイウェア対策ソフトを提供する企業Webroot Softwareが、検索エンジンのGoogleの結果を変えてしまうアドウェアについて警告していると報じた。

 Webrootでスパイウェアなどの脅威についての研究部門を統括するポール・ピカード取締役は、「(このプログラムは)検索条件を用いて、Googleの結果をそのソフトの持つ結果に勝手に変えてしまう」という。検索結果はGoogleによるものと殆ど同じように見えるため、インターネットの初心者はもちろん、検索に慣れているユーザーでさえ騙されてしまう。

 プログラムはセキュリティ業界が2searchとpremiumsearch.netと名づけた。2searchはマイクロソフトのInternet Explorerにアドオンとして、または別のブラウザ機能として動作する。マイクロソフト側は、ブラウザのセキュリティの強化にはWindows XPの更新版をダウンロードすることで防ぐことができるし、またアドオン対策機能を備えたInternet Explorer 7を、現在、開発中だと話している。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×