迷惑メール総合対策基盤「SMBA」を構築、送信迷惑メールの9割削減を実現(日本電気) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

迷惑メール総合対策基盤「SMBA」を構築、送信迷惑メールの9割削減を実現(日本電気)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本電気株式会社は7月11日、同社が提供するインターネットサービス「BIGLOBE」において、迷惑メール送信対策として国内ISPとして初めてISPのメールサーバを経由しない「直接送信」におけるメール流量制御を本年7月中旬から実施すると発表した。BIGLOBE会員のメール送信方法には、同サービスのメールサーバを経由する方法と、経由せずに自営メールサーバから送信する直接送信が存在する。直接送信が全メールの90%を占めることを受け、ここに含まれる迷惑メールの送信をブロックするために「SMBA」を導入する。これにより、同一IPアドレスから、一定時間内に大量に送信されるメールの流量を制御することで、迷惑メール送信者に絞った対策を可能にする。同社では、この対策によってBIGLOBEから送信される迷惑メールの9割削減を実現できるとしている。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0507/1102.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×