タイムスタンプサービスの有効期間を5年から10年保証に延長(PFU) | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

タイムスタンプサービスの有効期間を5年から10年保証に延長(PFU)

株式会社PFUは6月28日、同社が提供中の「PFUタイムスタンプ サービス」の有効期間を、5年保証から10年保証に延長すると発表した。新サービスは11月30日より実施するが、現在所持しているスタンプ発行ライセンスパックは、引き続き10年保証サービスにも利用できる。10年保

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社PFUは6月28日、同社が提供中の「PFUタイムスタンプ サービス」の有効期間を、5年保証から10年保証に延長すると発表した。新サービスは11月30日より実施するが、現在所持しているスタンプ発行ライセンスパックは、引き続き10年保証サービスにも利用できる。10年保証サービスを利用することより、7年間の保存が義務付けられている国税関係書類を電子化して保存する場合でも、タイムスタンプを延長することなく、1回のタイムスタンプ付与で対応できるようになる。なお、無償提供中の同社のタイムスタンプを手軽に取得・検証できるタイムスタンプ利用ツール(「クライアントツール」、「PFU タイムスタンプ for Adobe Acrobat」)、タイムスタンプ取得・検証機能を組み込んだ業務用ソフトなどの開発キット(ソフトウェア開発キット)についても10年保証化に対応する。

http://www.pfu.fujitsu.com/topics/new050628.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×