ファイル交換ソフト利用者は約130万人、利用経験者は400万人以上 | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

ファイル交換ソフト利用者は約130万人、利用経験者は400万人以上

ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)とRIAJ(社団法人日本レコード協会)は5月31日、2005年1月に実施した国内の「ファイル交換ソフトの利用実態」に関するアンケート調査の結果を発表した。このアンケートは総務省の「権利クリアランス実証実験」の一環

製品・サービス・業界動向 業界動向
ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)とRIAJ(社団法人日本レコード協会)は5月31日、2005年1月に実施した国内の「ファイル交換ソフトの利用実態」に関するアンケート調査の結果を発表した。このアンケートは総務省の「権利クリアランス実証実験」の一環となるもの。調査結果によると、2005年1月の調査時点でファイル交換ソフトを「現在利用」している人は、インターネット利用者の2.7%、「過去に利用」の経験がある人は6.3%で、昨年4月の調査結果と同水準であった。これは総務省発表の同時期のブロードバンド契約者数から換算すると、現在利用者は役127.4万人、過去利用者は役297.3万人となり、合計は400万人を超える。また、ファイル交換ソフトは「WinMX」69.8%、「Winny」49.8%の順で利用されていた。


RIAJ:プレスリリース
http://www.riaj.or.jp/release/2005/pr050531.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×