責任はどこに?-小売チェーンの情報漏洩-(1) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.18(土)

責任はどこに?-小売チェーンの情報漏洩-(1)

特集 特集

4月、アパレル大手Polo Ralph Laurenからデータが盗難され、銀行やクレジットカード会社が通知するという事件があった。

これは、HSBC North America (英国HSBCの北米部門)がGM(ゼネラルモーターズ)のMasterCardを所有している消費者に、ある小売チェーン店から購入を行ったカード使用者の個人情報が漏洩している可能性が強いとして通知、同時にカード再発行の手続きを求めたことで、明らかになった。

HSBCでは、18万人のGMのカード所有者が影響を受けていると発表したが、漏洩元については、当初は明らかにしていなかった。しかし、4月14日の『Wall Street Journal』で事件に近い筋からの情報としてRalph Laurenの名前が出た。結果、同社の株価は同日、1.28ドル、3.3%下落した。

様々なカードを扱っていたため、漏洩のあった個人情報の件数ははっきりしていないものの、HSBCに続き、MasterCardも米国本社を持つ小売企業から2005年1月に取引データが漏洩したようで、捜査が行われていると発表した。報道によると、MasterCard InternationalとVisa USAは今年1月、セキュリティで問題があったとの通知を受け、直ちに調査を開始していたという。

HSBCのスポークスマン、トム・ニコルソンは「問題は小売店のソフトウェアのシステムで、MasterCard側にはない」との声明を発表している。Visa USAも同様の通知を行っている。

ニコルソンは「小売業者のPOS システムが信用情報を“消去”せずに保持していた」と原因について説明する。POSは情報を指定の銀行に即座に送付、その後、情報を消去するはずだった。しかし、比較的古いソフトは、情報を保持して現場に保管することが多い。事件は2002年6月から2004年12月の間に起こったと見られている。

不正使用については、調査を進めているが、HSBCの発表では現在のところは被害は見つかっていない。しかし念のため、GM MasterCardを所持している消費者に対して、無料で新しいカードの発行を行うことにした。

4月15日、HSBCに引き続き、Discover Financial Services Incがカード保持者に通知を開始したことを明らかにした。「今回の事故はクレジットカード業界全体に影響を与えたものだ」と広範囲にわたっての被害であったことを説明する。さらに、Discoverのスポークスパーソン、ジェニファー・カングは「適切な措置を取り、カード保持者が不正使用などの被害にあわないように努めている」と説明する。しかし、事件の詳細については、現在捜査中であるため、詳しくは明らかにすることはできないというのが現状だ。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?ssm01_ssmd
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第8回 「はした金」

  5. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第7回 「三人の容疑者」

  7. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第9回「勤怠簿」

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×