米スパイウェア対策ベンダ、日本市場への参入を発表(Webroot Software) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

米スパイウェア対策ベンダ、日本市場への参入を発表(Webroot Software)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

米Webroot Software Inc.は4月27日、スパイウェア対策製品「Spy Sweeper」を日本市場へ投入すると発表した。5月にオンライン販売を開始し、6月からは店頭でも販売する。本製品は、急速に増加しているスパイウェアの脅威からコンピュータを保護し、スパイウェアを検出するとユーザに通知、削除する機能を持つ。米国のパソコン雑誌では数々の受賞歴がある。今夏から秋にかけて順次アップグレード版をリリースしていく予定。Webroot Software社は米コロラド州に本社を置き、欧州5カ国に営業拠点を持つ。

http://www.webroot.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×