米スパイウェア対策ベンダ、日本市場への参入を発表(Webroot Software) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

米スパイウェア対策ベンダ、日本市場への参入を発表(Webroot Software)

米Webroot Software Inc.は4月27日、スパイウェア対策製品「Spy Sweeper」を日本市場へ投入すると発表した。5月にオンライン販売を開始し、6月からは店頭でも販売する。本製品は、急速に増加しているスパイウェアの脅威からコンピュータを保護し、スパイウェアを検出する

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
米Webroot Software Inc.は4月27日、スパイウェア対策製品「Spy Sweeper」を日本市場へ投入すると発表した。5月にオンライン販売を開始し、6月からは店頭でも販売する。本製品は、急速に増加しているスパイウェアの脅威からコンピュータを保護し、スパイウェアを検出するとユーザに通知、削除する機能を持つ。米国のパソコン雑誌では数々の受賞歴がある。今夏から秋にかけて順次アップグレード版をリリースしていく予定。Webroot Software社は米コロラド州に本社を置き、欧州5カ国に営業拠点を持つ。

http://www.webroot.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×