2月公開のセキュリティホールを狙う攻撃コードが早くも登場 | ScanNetSecurity
2021.07.27(火)

2月公開のセキュリティホールを狙う攻撃コードが早くも登場

 セキュリティ組織である米SANS Instituteなどは2月9日、2月8日に公開されたばかりのマイクロソフト製品のセキュリティホールを狙う攻撃コードが確認されたと発表した。確認されたのは、「MS05-005(Microsoft Office XP の脆弱性により、リモートでコードが実行される

製品・サービス・業界動向 業界動向
 セキュリティ組織である米SANS Instituteなどは2月9日、2月8日に公開されたばかりのマイクロソフト製品のセキュリティホールを狙う攻撃コードが確認されたと発表した。確認されたのは、「MS05-005(Microsoft Office XP の脆弱性により、リモートでコードが実行される)」および「MS05-009(PNG 処理の脆弱性により、バッファオーバーランが起こる)」を狙ったもの。米SANSなどによると、すでにこれらの脆弱性を狙ったPNGファイルやWebサイトへのリンクが確認されているという。これらの攻撃コードはウイルスなどに悪用される可能性もあるため、Windows Updateやセキュリティ対策ソフトのアップデートを早急に行うよう呼びかけている。


SANS Handler's Diary February 9th 2005:PoC's available for MS05-005 and MS05-009
http://isc.sans.org/diary.php?date=2005-02-09
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×