2月公開のセキュリティホールを狙う攻撃コードが早くも登場 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

2月公開のセキュリティホールを狙う攻撃コードが早くも登場

 セキュリティ組織である米SANS Instituteなどは2月9日、2月8日に公開されたばかりのマイクロソフト製品のセキュリティホールを狙う攻撃コードが確認されたと発表した。確認されたのは、「MS05-005(Microsoft Office XP の脆弱性により、リモートでコードが実行される

製品・サービス・業界動向 業界動向
 セキュリティ組織である米SANS Instituteなどは2月9日、2月8日に公開されたばかりのマイクロソフト製品のセキュリティホールを狙う攻撃コードが確認されたと発表した。確認されたのは、「MS05-005(Microsoft Office XP の脆弱性により、リモートでコードが実行される)」および「MS05-009(PNG 処理の脆弱性により、バッファオーバーランが起こる)」を狙ったもの。米SANSなどによると、すでにこれらの脆弱性を狙ったPNGファイルやWebサイトへのリンクが確認されているという。これらの攻撃コードはウイルスなどに悪用される可能性もあるため、Windows Updateやセキュリティ対策ソフトのアップデートを早急に行うよう呼びかけている。


SANS Handler's Diary February 9th 2005:PoC's available for MS05-005 and MS05-009
http://isc.sans.org/diary.php?date=2005-02-09
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×