UFJカード、フィッシング詐欺の被害状況を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

UFJカード、フィッシング詐欺の被害状況を発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社UFJカードは、NHKのニュース報道などを受け、同社におけるフィッシング詐欺の被害状況などを発表した。発表によると、昨年9月から10月にかけて、ルーマニアなどにおいて同社のクレジットカードを偽造したカードの使用が発覚した。調査の結果、33名の顧客のクレジットカードが偽造され、そのうち8名のクレジットカードにより現金を借り入れる「キャッシング」が不正に利用されていることが判明した。被害総額は約150万円となっている。偽造されたクレジットカードは、架空のメールを利用者に送ってカード番号などを入力させる、いわゆる「フィッシング詐欺」により不正に収集したカード情報に基づいて作成されたものと思われるという。同社でいくつかの注意点を挙げ、フィッシング詐欺への注意を呼びかけている。


株式会社UFJカード:このような手口にご注意ください!
http://ufjcard.com/company/attention_news.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×