スパム3業者に10億ドル以上の賠償命令 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

スパム3業者に10億ドル以上の賠償命令

国際 海外情報

 米、アイオワ州のインターネットサービスプロバイダ(ISP)が、12月17日、スパムe-mailを送付していた企業などに対して10億ドルを超える賠償金を勝ち取った。

 このISPはアイオワ州クリントンのCIS Internet Servicesのオーナー、ロバート・クレイマー氏で2003年10月、被告300件を相手取って、訴訟を起こしていた。CIS Internet Servicesは比較的小規模で、クリントン近郊に約5000件の顧客を持つ。起訴の時点で、同社は1日あたり1000万件以上のスパムを受け取っていたという。

 スパムのISPサーバに対する負担問題はよく言われることだが、クレイマー氏は毎日のようにダウンしたe-mailサーバの対応に追われていた。スパムの被害で、小規模ISPに関わらず何百というユーザを持つプロバイダなみのインフラを整えなければならなかったと主張する。「数千ドルを費やすことになった」

 金曜日の判決は、裁判所命令に応じなかった次の3社に対してだ。

* Cash Link Systems Inc. 3億6000万ドル
 ATMをはじめとする投資家への不正で、米国証券委員会が営業停止としたフロリダ州の企業
* AMP Dollar Savings Inc. 7億2000万ドル
 スパマーが身元を隠すのを助けるサービスを提供するアリゾナ州の会社
* TEI Marketing Group Inc. 14万ドル
 スパイソフトを販売するフロリダ州の企業


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×