「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」の最新版を発表(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」の最新版を発表(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は12月20日、Linux向けのゲートウェイウイルス対策ソフトの最新版「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイ」Ver2.10を公開した。最新版では、メールスキャンを高速化する最新ウィルス検査エンジンを搭載した。また、スパム対策機能を強化

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は12月20日、Linux向けのゲートウェイウイルス対策ソフトの最新版「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイ」Ver2.10を公開した。最新版では、メールスキャンを高速化する最新ウィルス検査エンジンを搭載した。また、スパム対策機能を強化しており、カスタムホワイトリスト、ブラックリストによる検出や、RBLやSURBLによる検出が可能となった。HTTP/FTPでのファイルサイズによる検査除外設定やWeb管理画面から診断情報(diag.tar.gz)のダウンロード、ウィルス検査で問題が発生した場合のサービス継続といった新機能も追加されている。さらに、仮想IPアドレスによる負荷分散、冗長構成をオプションで提供する。価格は11万7,000円/25ユーザからとなっている。

http://www.f-secure.co.jp/news/200412201/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×