「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」の最新版を発表(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」の最新版を発表(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は12月20日、Linux向けのゲートウェイウイルス対策ソフトの最新版「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイ」Ver2.10を公開した。最新版では、メールスキャンを高速化する最新ウィルス検査エンジンを搭載した。また、スパム対策機能を強化

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は12月20日、Linux向けのゲートウェイウイルス対策ソフトの最新版「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイ」Ver2.10を公開した。最新版では、メールスキャンを高速化する最新ウィルス検査エンジンを搭載した。また、スパム対策機能を強化しており、カスタムホワイトリスト、ブラックリストによる検出や、RBLやSURBLによる検出が可能となった。HTTP/FTPでのファイルサイズによる検査除外設定やWeb管理画面から診断情報(diag.tar.gz)のダウンロード、ウィルス検査で問題が発生した場合のサービス継続といった新機能も追加されている。さらに、仮想IPアドレスによる負荷分散、冗長構成をオプションで提供する。価格は11万7,000円/25ユーザからとなっている。

http://www.f-secure.co.jp/news/200412201/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×