「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会 中間とりまとめ案」に対する意見募集(総務省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会 中間とりまとめ案」に対する意見募集(総務省)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 総務省は11月15日、「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会」においての「中間とりまとめ案」に対する意見を募集すると発表した。この研究会は、迷惑メールの流通を抑制・防止するために必要な方策についてを検討するもの。同研究会に対し意見を提出する希望者は、氏名、所属団体名または会社名、住所及び連絡先(電話番号、FAX番号、電子メールアドレス)を明記の上、メール、FAX、郵送のいずれかの方法により日本語で提出する。中間とりまとめ案の資料はWebページより閲覧、ダウンロードが可能となっている。意見の提出期限は12月10日まで。なお、今後総務省は提出された意見を踏まえ、本年中をめどに迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会の「中間とりまとめ」を公表する予定。

http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/041115_1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×