「Net Protect内部情報漏洩対策サービス」の機能を拡充(NTTアドバンステクノロジ) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

「Net Protect内部情報漏洩対策サービス」の機能を拡充(NTTアドバンステクノロジ)

 NTTアドバンステクノロジ株式会社は10月25日、「Net Protect 内部情報漏洩対策サービス」の機能を拡充し、11月1日より提供すると発表した。本サービスは、株式会社インテリジェント ウェイブが開発した「CWAT(Cyber-Warning Alert Termination)」をベースにNTT-ATの

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 NTTアドバンステクノロジ株式会社は10月25日、「Net Protect 内部情報漏洩対策サービス」の機能を拡充し、11月1日より提供すると発表した。本サービスは、株式会社インテリジェント ウェイブが開発した「CWAT(Cyber-Warning Alert Termination)」をベースにNTT-ATの機能強化や保守運用機能整備等をシステムレベルで実現した「Smart Leak Protect」を中核とするシステム製品で、多様性の高い情報漏洩に広範に対応するため、市販製品を補完的に随時組入れて提供している。今回、Eメール等によるネットワーク経由の情報漏洩も監視・防御の対象に加えたほか、機密情報ファイルの暗号化やPC利用者の認証も行えるようになった。また、各ホスト監視やネットワーク監視のログ情報を集中的に収集し、分析・編集が行えるほか、全国規模での24時間地域密着型の保守運用サービスやASPサービス提供が可能となっている。

http://www.ntt-at.co.jp/news/2004/release35.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×