スパムメール送付者、ウイルス作成者と協力 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.13(水)

スパムメール送付者、ウイルス作成者と協力

国際 海外情報

 インターネットでの頭痛の種といえば、かつてはウイルスだったが、増える一方のスパムメールの問題が大きな比重をしめてきている。そのうえ、最近ではウイルス作成者とスパムメール送付者が協力しているというのだ。

 迷惑メールであるスパム。全e-mailに対するスパムの割合は約65%と半分以上を占める。2001年には8%、2002年には17%であったというから着実に増加ししている。米マーケティング調査会社Radicati Groupが500社の企業にヒアリングを行った結果、スパムによる生産性の低下を訴えたのが半数以上。一日に10数件も届けられるスパムを削除するだけでも面倒な話だが、同時にメールサーバにかかる負荷も深刻な問題だ。

 新学年が始まる直前の8月30日には、スパムメールもピークを迎え、電子メールセキュリティを扱う米のFrontBridge Technologies Incが受信したe-mailのなんと9割はスパムだったという。

 インターネットでのいわば「嫌われ者」スパマーだが、米国で反スパム法、CAN-SPAM が施行されるなど、規制への動きが強くなるにしたがい、危機感を覚えたスパマーが、ウイルス作成者に協力を要請と考えられる動きが出てきた。スパマーとウイルス作成者はこれまでは目的が異なり、別々の行動を行ってきたが、6月に猛威をふるったSobigウイルスの亜種SobigEは、「スパム業者がスパムメールを送信するために、ウイルスを放ったと考えられる」(英国MessageLab社)など、協力体制に入っているようだ。


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

    死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  2. どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

    どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

  3. 米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

    米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

  4. 捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  7. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  8. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

  9. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  10. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×