Windows IT Pro誌で「ベスト・サードパーティー認証デバイス」を受賞(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

Windows IT Pro誌で「ベスト・サードパーティー認証デバイス」を受賞(米RSA Security)

 米RSA Securityは9月16日、二要素ユーザ認証ソリューション「RSA SecurID」が米Windows IT Pro誌の読者により、2004 Readers' Choice Awardsの「ベスト・サードパーティー認証デバイス」を受賞したと発表した。RSA SecurIDがこの栄誉を受けるのは、これで3年連続となる

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは9月16日、二要素ユーザ認証ソリューション「RSA SecurID」が米Windows IT Pro誌の読者により、2004 Readers' Choice Awardsの「ベスト・サードパーティー認証デバイス」を受賞したと発表した。RSA SecurIDがこの栄誉を受けるのは、これで3年連続となる。また、IDCによれば、従来型ハードウェア・トークン市場でのRSAセキュリティの市場占有率は2003年で72%に達しており、第2位製品の占有率に対し7倍の差をつけた。RSA SecurIDは、業界の主要製品の大半を占める190社を超えるベンダのファイアウォール、VPN、リモート・アクセス・サーバ、無線アクセス・ポイント、Webアプリケーションをサポートしている。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200409161.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×