BIGLOBEが迷惑メールを大幅に削減するための対策を強化(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

BIGLOBEが迷惑メールを大幅に削減するための対策を強化(NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本電気株式会社(NEC)は9月9日、同社のインターネットサービス「BIGLOBE」のメールサーバにおいて、迷惑メール送信者によるメールの同時大量送信を制限するとともに、差出人アドレスが存在しない偽装メールアドレスからのメール受信を拒否する「迷惑メール対策強化」を同日より実施したと発表した。具体的には、同一IPアドレスからの同時メール送信要求数に上限値を設定し、迷惑メール送信者によるメールの同時大量送信を制限する。これにより、同時大量送信による迷惑メールを約9割削減することができるとしている。また、差出人アドレスが偽装されたメールアドレスから送信されたメールを迷惑メールと判断し、BIGLOBEのメールサーバにて受信を拒否する。これらの対策強化は、これまでに蓄積した迷惑メール送受信パターンの分析結果に基づいて行うものであり、迷惑メールの大幅削減が見込めるとしている。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0409/0903.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×