座談会 テーマ:Linuxセキュリティ(第5回) 〜セキュアOS、SE Linuxそしてログ管理〜 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.24(日)

座談会 テーマ:Linuxセキュリティ(第5回) 〜セキュアOS、SE Linuxそしてログ管理〜

特集 特集

〜[前号より]〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ベンダとしても、サーバを運用するならそれなりのノウハウを持つ管理者について欲しいというのが正直なところだろうというのがよくわかる。その反面、一般ユーザ向けのデスクトップにはとっつきやすさを提供しようという努力も窺い知ることができる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 話題はサーバの技術的な側面からセキュアOSへと移る。セキュアOSの考え方を取り入れたサーバ向けOSへの望みだ。

園田:「今後、セキュアOSがどのような方向に向かうのかと言う、曖昧な問題を抱えてても、OSに組み込まれるっていう話もありますよね。そこで、セキュアOSがどのような方向に行ったら面白そうですか?」

中村:「どういう方向に行ったら面白いかですか。また難しい話ですね。そうですね・・・
 個人的にはクライアントにもっと入って欲しい、と思います。今はセキュアOSと言えばサーバですよね。サーバをまずセキュア化しようという所ら始まっていますが、次はクライアントにも、トラステッドOSにも、と思います。セキュアOSの元になったトラステッドOSではウインドウごとにラベルつけてアクセス制御できるんですが、これをうまく使えば情報漏洩防止にとても役立つ。
 例えば、OpenOfficeを利用しているとき、OpenOfficeのウインドウからメーラにはコピペできないといった制御がうまくできるようになる。そういう情報漏洩防止方面に走って欲しいと思います。実際に Windows のほうはそういう方向になってきていますね。クライアントの Linux もあと三年くらいすれば、OpenOffice が使い物になるでしょうから、それに合わせてそういう方向に行くんじゃないかなと思います。

 すでにその土台も整っていますし。SE Linuxも先日セキュリティエンハンスド・エックスというのがNSAから出ていて、ウインドウにラベルをつけるX Window Systemに対するパッチが出ていました。それも恐らくあと何年かすれば使い物になるはずです。」

園田:「今でも問題になっている情報漏洩のパターンって言うのは、大量に情報が漏洩するパターンですよね。」

中村:「さらに言えば、Linux は暗号化サポートが甘い。暗号化ディスクのサポートが甘いんです。ノートパソコンに使われていないというのも原因のひとつですが。」

中村:「Linux として使い物になる暗号化ファイルシステムってありますか?」

園田:「暗号化されたファイルシステム?」

中村:「はい、暗号化された。Windows には様々なベンダが出していますよね。」

園田:「確かにありますね。(WindowsOSには暗号化ファイルシステム機能がある)」

中村:「そこがノートパソコンに広がったときの Linux の弱さになる。解析されちゃいますよね。」

園田:「そうですね。ノートパソコンって紛失する可能性がありますからね、やっぱり。」

中村:「そのあたりでクライアントになると暗号化がいろいろ問題になってくる。個人的にはファイルサーバと連携して情報漏洩防止をうまくやってほしいなと思います。」

園田:「そのあたり、Windows は進んでますね。」

中村:「そうですね。それに、Windows はグループの分け方が進んでます。UNIX のユーザIDは相変わらずuidとグループIDじゃないですか。そこを改善したほうがいいのでは。」

園田:「ディレクトリサービスを基幹にして個人認証みたいな感じですね。」

中村:「まずはサーバなんでしょうが、将来的にはクライアントも含めて対応してほしい。何年後になるかはわかりませんけれど。」

 問題は残されている。しかし、解決できないわけではないようだ。もう少し時間がかかるかもしれないが、より堅牢で柔軟なシステムが提供される日が来るだろう。

(つづく)

協力:ターボリナックス株式会社
http://www.turbolinux.co.jp/

他力本願堂本舗
http://tarikihongandou.shadowpenguin.org
Mailto: tarikihongandou@shadowpenguin.org
tarikihongandou@hotmail.com

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec


◇参考:
座談会【第1回】Linuxセキュリティ 〜オープンソースの弱点〜(2004.6.10) https://www.netsecurity.ne.jp/article/3/13264.html

座談会【第2回】Linuxセキュリティ 〜パッチの提供〜(2004.6.17)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/3/13327.html

座談会【第3回】Linuxセキュリティ 〜Linuxのコミュニティ〜(2004.6.24) https://www.netsecurity.ne.jp/article/3/13402.html

座談会【第4回】テーマ:Linuxセキュリティ〜Linux導入の動機と運用管理〜(2004.7.1)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/3/13481.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

    マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  2. Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第2回「五十兆円『市場』」

    Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第2回「五十兆円『市場』」

  3. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

    工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  4. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  6. ISMS認証とは何か■第1回■

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第2回 「二重帳簿」

  8. ここが変だよ日本のセキュリティ 第29回「大事な人。忘れちゃダメな人。忘れたくなかった人。誰、誰……君の名前は……セキュリティ人材!」

  9. Man in the Browser と Man in the Middle 攻撃(CA Security Reminder)

  10. [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×