迷惑メール対策の検討・実施を目的とした団体「JMUG」を設立(オープンウェーブ・システムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

迷惑メール対策の検討・実施を目的とした団体「JMUG」を設立(オープンウェーブ・システムズ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 オープンウェーブ・システムズ株式会社は4月27日、迷惑メールや電子メールウィルス等業界共通の課題について対策を検討・実施するワーキング・グループ「Japan Messaging User Group(JMUG)」を設立したと発表した。JMUGは、国内の通信事業者やISP企業が、メッセージングに関する動向や最新技術の情報を提供し、顧客相互の情報交換、業界共通の懸念および課題の検討を行うことを目的としている。今後は、定期的にオープンウェーブ米国本社の経営陣による将来計画の発表や、業界アナリストの基調講演など、顧客ニーズを話し合うテーマ別の会議を設け、日本のメッセージング利用環境の向上に貢献していくとしている。

http://japan.openwave.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×