英国の企業、スパム問題に無関心 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

英国の企業、スパム問題に無関心

国際 海外情報

John Leyden
2004年4月1日 12:25 GMT

 スパム問題に関する調査結果によると、スパム問題を深刻に考えている英国の企業は 10 社のうち 1 社のみ。また 3 分の 1 の企業がスパムは業務に全く、もしくは殆ど影響を与えていないと回答した。

 従って、スパム対策フィルタリング技術の導入は未だに、常識というよりは例外的な措置である。

 今日発表された通商産業省(DTI)の報告書『2004 情報セキュリティ侵害調査』は、スパム問題に対するメディアの関心と実際の深刻さに隔たりがあることを示している。少なくとも現時点ではその通りだが、今後変わっていくと思われる。また同報告書は、スパム量の増加を指摘している。

 調査対象となった企業 1000 社のうち、受信した全電子メールの半分以上がスパムメールであると回答した企業は 17% だった。この問題で蒙る影響は、大きな企業に較べて小規模企業の方が大きい傾向にある。

 この DTI の調査を担当した PricewaterhouseCoopers 社のアドバイザリ・サービス責任者の Andrew Beard 氏は次のように述べている。「スパムは様々な方法で企業に打撃を与えている。企業は、自社の電子メールやネットワークのサービスの質が低下した時に被害者となるのだ。スパマーが自身のメッセージを他の組織に撒き散らすための '中継' として企業の脆弱なメールサーバを悪用した場合、企業は知らないうちにこのスパム問題に加担していると言えるだろう」。

[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

    SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  4. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  7. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  8. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×