日本IBMのThinkPad T41/T41p/R50pにHDD不具合 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

日本IBMのThinkPad T41/T41p/R50pにHDD不具合

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
      ●))国内P2Pファイル交換動向調査 2003年版((●  |PDF
 ───────────────────────────────── 
  国内で利用されているWinny、WinMXの"ノード数"、"ファイルの種類"や
  P2Pファイル交換を巡る訴訟など≪法的問題≫・・・・・・・を収録
 すぐ読めます http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?ppf01_netsec
───────────────────────────────────


 日本IBMは2月13日、同社のノートPC「ThinkPad」の一部機種にHDDの不具合が発見されたと発表した。不具合発生の可能性があるのは、ThinkPadのT41/T41p/R50pシリーズのうち、7,200rpm/60GBのHDDを搭載する機種で、最悪の場合、起動しなくなる可能性がある。同社では、該当製品が保証期間内でもあるためサービスセンターに連絡するよう告知している。


日本IBM:ThinkPad T41/T41p/R50pで60GBハードディスク搭載モデルをお使いのお客様へ重要なお知らせ
http://www-6.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd03.nsf/jtechinfo/SYJ0-0362071
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×