Slashdot Japanのコメント機能に脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

Slashdot Japanのコメント機能に脆弱性

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
      ●))国内P2Pファイル交換動向調査 2003年版((●  |PDF
 ───────────────────────────────── 
  国内で利用されているWinny、WinMXの"ノード数"、"ファイルの種類"や
  P2Pファイル交換を巡る訴訟など≪法的問題≫・・・・・・・を収録
 すぐ読めます http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?ppf01_netsec
───────────────────────────────────


 投稿型ニュースサイトであるSlashdot JapanのWebサイトにおいて、コメント機能にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が発覚、2月7日未明に修正された。この脆弱性は、コメントに任意のタグを埋め込むことが可能だったというもの。利用者からの指摘によって発覚した。


Slashdot Japan:Slashdot Japanのコメント機能にXSS脆弱性 (対処済)
http://slashdot.jp/slash/04/02/08/1355209.shtml?topic=92
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×