不正アクセスの痕跡を検出するログ解析ツール「ShowTOC」 〜ログ解析の現状と対策〜 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.23(水)

不正アクセスの痕跡を検出するログ解析ツール「ShowTOC」 〜ログ解析の現状と対策〜

特集 特集

 ある機関実施したアンケート調査によれば、企業において運用されているシステムのログ取得状況は調べたところ、「サーバ上のアクセスログ」が64.5%、「ファイアウォール上のログ」が56.0%%という結果が得られた。一方「取得していない」は18.7%という結果であった。しかし、ログ解析の頻度は「問題発生時」に行なうが53.3%、「毎日」、「毎月」はどちらも10%未満であった。

 この調査からわかるように、ほとんどの企業において毎日または定期的なログの解析はなされていない。その理由として、ログ解析の難解さがあげられるだろう。ログは場合によっては複数のファイルに記述され、ログの整合を図るために複数のファイルを確認しなければならない場合がある。毎日ログを確認していれば記述内容、傾向などはわかってくるであろうが、実際に何が行われたかの解明は難しいだろう。ましてや問題発生時のみ確認ともなれば、その作業は困難を極めるだろう。


 ShowTOCは、ログ解析に必要なノウハウとスキルをパッケージングしたクライアントツールであり、セキュリティの専門家が学習や経験/実践から取得した技術や知識もとに、ログ解析の判断や方法を標準化している。不正アクセスの痕跡の発見はもちろん、不正アクセスや内部不正などの被害調査に貢献すると同時に、現状のリスクを把握することで、適切なセキュリティ管理にも不可欠なソリューションを提供する。


詳しくは
http://www.icl-net.co.jp/security_solution/

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

    [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

  2. [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

    [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

  3. ISMS認証とは何か■第1回■

    ISMS認証とは何か■第1回■

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第29回「大事な人。忘れちゃダメな人。忘れたくなかった人。誰、誰……君の名前は……セキュリティ人材!」

  6. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  7. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第4回「不在証明」

  9. シンクライアントを本当にわかっていますか 〜意外に知られていないシンクライアントの真価

  10. Man in the Browser と Man in the Middle 攻撃(CA Security Reminder)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×