10月のトップ10ウイルスと偽ウイルス情報ワースト10を発表(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

10月のトップ10ウイルスと偽ウイルス情報ワースト10を発表(ソフォス)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ソフォス株式会社は、10月の月間トップ10ウイルスと偽ウイルス情報ワースト10をまとめて発表した。10月のトップ4までは先月と同じ。マイクロソフト社のサポートからのセキュリティパッチと偽った「Gibe-F」が1位22.7%、「Dumaru-A」が2位13.6%で、この2つで報告数の36%を占める結果となっている。新規ウイルスとしては、トロイの木馬である「CoreFloo-C」が8位に初登場。IRC(インターネット・リレー・チャット)経由で感染したコンピュータにアクセスし遠隔操作で制御するタイプなので利用者は注意したい。偽ウイルス情報では、フランス語で、「Welcome to the Matrix」と名付けられたPowerPointファイルを開かないよう警告する「Welcome to the Matrix」というものがランクイン。これもマイクロソフト社の信頼性を損なうことを目的としたもので、完全なデマウイルスの類。

http://www.sophos.co.jp/pressoffice/pressrel/20031101topten.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×