「spamActive」を機能強化、1日8回実施のスパム検出を提供(クリアスウィフト) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

「spamActive」を機能強化、1日8回実施のスパム検出を提供(クリアスウィフト)

 クリアスウィフト株式会社は9月29日、スパム対策サービス「spamActive」の強化を発表した。「spamActive」は、ゲートウェイ(CS MAILsweeper)における迷惑メールの検出および防止率の向上を図るためのサービス。今後は新たに発見されたスパムが、昼間または夜間を通じ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 クリアスウィフト株式会社は9月29日、スパム対策サービス「spamActive」の強化を発表した。「spamActive」は、ゲートウェイ(CS MAILsweeper)における迷惑メールの検出および防止率の向上を図るためのサービス。今後は新たに発見されたスパムが、昼間または夜間を通じて1日8回、3時間ごとにデータベースに反映されることとなる。このデータベースは世界中に設けた複数のダミーアカウントから数千個のスパムを採取し蓄積したもので、スパム特有の用語と件名がデータベースから定期的に抽出され、ユーザがダウンロードできるようクリアスウィフトのWebサイトに格納される。最新のスパムを捉えることにより誤認率は減少し、合法的なビジネスメールのブロックを防ぐことができる。また、同サービスでは設定により最新データベースの自動ダウンロードやフィルタリングポリシーの更新が可能。「spamActive」は電子メールフィルタリングソフト「CS MAILsweeper for SMTP」ユーザおよび「ENTERPRISEsuite」ユーザを対象に利用することができる。

http://www.clearswift.co.jp/news/press_030929.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×