ネット上を行き交うメールの50%がスパムメール、米Gartnerが調査報告 | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

ネット上を行き交うメールの50%がスパムメール、米Gartnerが調査報告

──────────────────────────────〔Info〕─ 【2本セットで1本分!】■■■■■■■■■■■■■■  キャンペーン実施中 50万円+50万円=50万円               ■■■■■■■■■■■■■■    国内 co.jp ドメ

国際 海外情報
──────────────────────────────〔Info〕─
【2本セットで1本分!】■■■■■■■■■■■■■■
 キャンペーン実施中 50万円+50万円=50万円
              ■■■■■■■■■■■■■■
   国内 co.jp ドメイン、ホスト 約20万件の網羅的なデータベース
   → https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?cod02_sdx
─────────────────────────────────


 米Gartner社は9月29日(米国時間)、メールによる販促効率に関する調査「Marketers Can Differentiate E-Mail From Spam」をまとめ発表した。報告書によると2003年にインターネット上でやり取りされたメールの約50%がスパムメールで、2004年には約60%になると予測している。その反面、メールによる販促活動は消費者のレスポンスを約15%得られることもあり、有効に使えば効率の良い販促ツールになりうると分析している。


米Gartner社:Marketers Must Differentiate E-Mail Marketing From Spam
http://www4.gartner.com/5_about/press_releases/pr29sept2003a.jsp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×