ネット上を行き交うメールの50%がスパムメール、米Gartnerが調査報告 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

ネット上を行き交うメールの50%がスパムメール、米Gartnerが調査報告

国際 海外情報

──────────────────────────────〔Info〕─
【2本セットで1本分!】■■■■■■■■■■■■■■
 キャンペーン実施中 50万円+50万円=50万円
              ■■■■■■■■■■■■■■
   国内 co.jp ドメイン、ホスト 約20万件の網羅的なデータベース
   → https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?cod02_sdx
─────────────────────────────────


 米Gartner社は9月29日(米国時間)、メールによる販促効率に関する調査「Marketers Can Differentiate E-Mail From Spam」をまとめ発表した。報告書によると2003年にインターネット上でやり取りされたメールの約50%がスパムメールで、2004年には約60%になると予測している。その反面、メールによる販促活動は消費者のレスポンスを約15%得られることもあり、有効に使えば効率の良い販促ツールになりうると分析している。


米Gartner社:Marketers Must Differentiate E-Mail Marketing From Spam
http://www4.gartner.com/5_about/press_releases/pr29sept2003a.jsp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×