調査資料「アンチスパムに関する調査結果とその市場」を販売開始(グローバルインフォメーション) | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

調査資料「アンチスパムに関する調査結果とその市場」を販売開始(グローバルインフォメーション)

 株式会社グローバルインフォメーションは7月7日、Radicati Group, Inc.社発行の英文調査報告書「アンチスパムに関する調査結果とその市場」を販売開始すると発表した。同報告書は、スパム対策市場について市場規模、4年間予測、技術トレンド、規制情報、競合データを集

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社グローバルインフォメーションは7月7日、Radicati Group, Inc.社発行の英文調査報告書「アンチスパムに関する調査結果とその市場」を販売開始すると発表した。同報告書は、スパム対策市場について市場規模、4年間予測、技術トレンド、規制情報、競合データを集計したもの。報告書によると、企業がスパム対策の措置を取らない場合、スパムを管理・処理するための企業の損失額は2003年の20億5,000万ドルから2007年には1,980億ドルに達すると試算しているが、調査結果ではスパム対策を整備している企業は43%であった。

http://www.gii.co.jp/press/rd14419_jp.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×