架空請求トラブルについて総務省が注意を呼びかけ | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

架空請求トラブルについて総務省が注意を呼びかけ

──────────────────────────────〔Info〕── セキュリティメルマガ 春の [85%] オフキャンペーン

製品・サービス・業界動向 業界動向
──────────────────────────────〔Info〕──
セキュリティメルマガ 春の [85%] オフキャンペーン

【個人のお客様向け特別セット】既存のお客様もキャンペーン対象!
SCANシリーズ4誌合わせても4,800円/年    <<5月31日まで>>
お申込は→ http://shop.vagabond.co.jp/85/
───────────────────────────────────


 有料番組等の情報料の架空請求トラブルについて総務省が注意を呼びかけている。これは、総務省の電気通信消費者相談センター等に「利用した覚えのない有料アダルト番組の情報料の高額な請求がメールで送られてきたが、支払う必要があるのか」といった苦情・相談が多く寄せられているため。同省では「利用していないのであれば、支払う必要はない」とし、悪質な場合は、警察などに相談すること、氏名や住所などの個人情報は教えないといった対応を促している。

 総務省:有料番組等の情報料の架空請求トラブル
 http://www.soumu.go.jp/s-news/2003/030402_1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×