OpenSSLが重要セキュリティアップデートをリリース | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

OpenSSLが重要セキュリティアップデートをリリース

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、OpenSSL(SSLのオープンソース版)プロトコルのCBC(Cipher Block Chaining)暗号スイートに対するタイミングをベースとする攻撃が発見された。ある程度のアクセス権限を持つ攻撃者は、正規のユーザがサービスを用いて送信したブロックを持つ暗号文のブロックを置換できる。応答時間を測定することにより、攻撃者は、ブロック暗号埋め込みエラーまたはMAC検証エラーによってパケットが拒否されたか否かを判断できる。この結果、攻撃が可能になり、最終的には攻撃者はプレーンテキストを発見できる。当該問題には、OpenSSLの最近のバージョンに対するパッチが入手可能で、古いバージョンに対しては手動で適用できる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【12:27 GMT、02、20、2003】


告知:
SCAN シリーズ まるとく・セキュリティ商品 4大キャンペーン!3月末まで!
http://shop.vagabond.co.jp/campaign/
『Scan Security Management』 創刊!
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssm01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×