2002年セキュリティ総括を発表(エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

2002年セキュリティ総括を発表(エフ・セキュア)

 エフセキュア社は12月19日、2002年におけるセキュリティ総括を発表した。レポートによると、2002年のウイルス被害件数は昨年に比べて減少したとのこと。また、最も危険度の高いレベル1の警告が発信された回数も、2001年が9回であったのに対し、2002年は2回にとどまって

製品・サービス・業界動向 業界動向
 エフセキュア社は12月19日、2002年におけるセキュリティ総括を発表した。レポートによると、2002年のウイルス被害件数は昨年に比べて減少したとのこと。また、最も危険度の高いレベル1の警告が発信された回数も、2001年が9回であったのに対し、2002年は2回にとどまっている。この2回はLinuxシステムに感染する「Slapper」ネットワークワームと、Windowsシステムに感染する電子メールワーム「Bugbear」。大流行の回数は少なくなったが、新種ウイルスはこれまでと同じ割合で発見されており、アジア人のウイルス作成者による活動が増えている。また、データセキュリティ部門における重大な問題の1つとして、家庭用コンピュータが挙げられている。ただ面白いからという理由でハッキング行為を行うケースが増加しているという。エフセキュア社では、今後、データシステムへの攻撃が増加し巧妙になるとし、技術の発達により、ワームがインターネットに出現後ほんの数分で世界中に蔓延する事態も起こりえる、と推測している。

http://www.f-secure.co.jp/news/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×