Guardian DigitalがApache SSLインプリメンテーションの欠陥を修正 | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

Guardian DigitalがApache SSLインプリメンテーションの欠陥を修正

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Digital Guardian社は、HTTPヘッダーを利用したクロスサイトスクリプティング (XSS) 攻撃 (iDEFENSE研究所が報告したものを含む) を防止する、Apacheパッケージのアップデート版をリリースした。Mitre社のCommon Vul

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Digital Guardian社は、HTTPヘッダーを利用したクロスサイトスクリプティング (XSS) 攻撃 (iDEFENSE研究所が報告したものを含む) を防止する、Apacheパッケージのアップデート版をリリースした。Mitre社のCommon Vulnerabilities and Exposures(CVE:一般的な脆弱性と暴露性)の論説委員では、これらの脆弱性にCAN-2002-0840とCAN-2002-1157の識別番号を付与している。また、CERTコーディネーションセンターでは、これらの問題をVU#240329として識別している。いずれの問題についても、攻撃用プログラムが一般公開されている。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【12:49 GMT、10、30、2002】

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×