Windowsに対するshatter attackについての見解を公表(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

Windowsに対するshatter attackについての見解を公表(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マイクロソフト株式会社は9月6日、最近指摘されてたWindowsの対話型デスクトップのセキュリティ問題に関して、見解を公表した。この問題は高い特権を持つサービスが対話型デスクトップで実行されている場合、「shatter attack (壊滅的な攻撃)」と呼ばれる種類の攻撃が可能となる状況が発生するというもの。Windows に問題があるという主張が誤りであると指摘しているが、ワークステーションおよびターミナル サーバにおいて、システムに対話的にログオンした場合にはこの攻撃による危険が及ぶ可能性があることを認めている。この問題に対処するため、マイクロソフトは一部の対話的サービスが不適切に高い特権で実行されないための修正をリリースする予定。

http://www.microsoft.com/japan/technet/treeview/default.asp?url=/japan/technet/security/topics/htshat.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×