マイクロソフト社がBackOfficeへの不正アクセスを防止するパッチを発表 | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

マイクロソフト社がBackOfficeへの不正アクセスを防止するパッチを発表

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マイクロソフト社では、BackOffice ServerのBackOffice Web Administratorコンポーネントのセキュリティ保持に使用しているセキュリティメカニズムに対して、攻撃者が不正な管理者アクセス権を入手できないようにする

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マイクロソフト社では、BackOffice ServerのBackOffice Web Administratorコンポーネントのセキュリティ保持に使用しているセキュリティメカニズムに対して、攻撃者が不正な管理者アクセス権を入手できないようにするパッチをリリースした。この問題は、攻撃者がBackOffice Serverに対して不正な管理アクセス権を入手できる危険性がある。たとえば、多くの場合管理者はWeb Administratorでループバックアドレス以外の接続を受理するよう設定しているからため、リモートアクセスが出来るように設定している場合もあるので、注意が必要だ。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【16:37 GMT、04、18、2002】

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×