テキサス大学アンダーソン癌センターがRSA Keon UnixControlを採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

テキサス大学アンダーソン癌センターがRSA Keon UnixControlを採用(米RSA Security)

 米RSA Security社は4月8日、テキサス州ヒューストンのテキサス大学医学部アンダーソン癌センターが、ヘルスケア業務でのセキュアな事務管理とeヘルス事業のパートナーとして、RSA Security社が選ばれたと発表した。また、同センターでは、UNIXインフラのセキュリティ強

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Security社は4月8日、テキサス州ヒューストンのテキサス大学医学部アンダーソン癌センターが、ヘルスケア業務でのセキュアな事務管理とeヘルス事業のパートナーとして、RSA Security社が選ばれたと発表した。また、同センターでは、UNIXインフラのセキュリティ強化に「RSA Keon UnixControl」を採用したとのこと。RSA Keonは、システムリソースに対するユーザベースの認証とアクセス制御のレベルを強化する、PKIシステム管理ソリューション。今回、RSA Keon UnixControlを導入したことにより、同センターでは、中央一ヶ所へのインプリメントでシステム強化やセキュリティ・ポリシー監査が可能となった。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200204081.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×