日本語Subjectで被害を広げる「patch.exe」(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

日本語Subjectで被害を広げる「patch.exe」(IPA/ISEC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は3月14日、「patch.exe」という添付ファイルで、感染を拡げるウイルスについての情報を掲載した。またこれは、警視庁ハイテク犯罪対策総合センター、経済産業省商務情報政策局情報セキュリティ政策室にも転載されている。同ウイルスは、添付ファイルを実行すると、Windowsのアドレス帳の登録アドレス宛に“重要なお知らせ”“お久しぶりです”“こんにちは”など、日本語のSubjectのウイルスメールを送信するため被害を拡大している。

http://www.ipa.go.jp/security/topics/newvirus/fbound.html
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/haiteku/taisaku/taisaku3.htm
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0002483/0/020314virus.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×