無料ツールで作るセキュアな環境(53)〜 PuTTY 1〜(執筆:office) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.18(土)

無料ツールで作るセキュアな環境(53)〜 PuTTY 1〜(執筆:office)

特集 特集

 前回はWindows用SSHクライアントとしてTTSSHを紹介した。今回は同じWindows用SSHクライアントであるが、TTSSHとは異なった特徴を持つPuTTY[1]を紹介する。

 TTSSHの長所は日本語が使えること、短所はプロトコルとしてSSH2が使えないこと、対話的な通常の通信にしか使えないことなどであった。PuTTYはこれとは逆に、長所はSSH2プロトコルが使えること、scp、sftp、として使えるPSCP、PSFTPなど多機能であることである。一方PuTTYの短所は日本語が通らないことである。また動作自体はPuTTYの方が速いようである。状況によってTTSSHとPuTTYをうまく使い分けたい。

 PuTTYは1997年から英国のSimon Tathamらによって開発されいる。ライセンスはMITライセンスで、商用非商用を問わず誰でも無料で使うことができ、自由に配布できる。動作環境はWindows 95/98/Me/NT/2000/XPであり、NTについてはNT on Alpha版も存在する。執筆時点での最新バージョンは0.52である。
 PuTTYは各機能ごとに別のプログラムになっており、TelnetおよびSSHクライアントである、PuTTY、SCPクライアントであるPSCP、SFTPクライアントであるPSFTP、Telnetクライアント機能のみのPuTTYtel、PuTTYのバックエンドに対するコマンドラインインターフェースのPlink、PuTTY, PSCP, Plinkの認証エージェントとなるPagent、認証鍵対生成ツールのPuTTYgenがある。

 これらは、
http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/download.html

からそれぞれの実行ファイルがダウンロードできる。RSAシグネチャ、DSAシグネチャ、MD5チェックサムも用意されており、各ファイルの完全性を確認することもできる。

 これらのファイルは特にインストールしたりする必要はなく、パスの通ったディレクトリにコピーすれば即実行可能である。どこにパスが通っているかはスタートメニュー辿ってアクセサリの中にあるMS-DOSプロンプト(コマンドプロンプト)で

Path

と入力すれば表示される。C:WindowsやC:WindowsCOMMANDといったシステム部分にはパスが通っているはずなので、ここへコピーして用いればよいだろう。これ以外のところにPuTTYを置きたい場合には C:autoexec.batを編集して

SET PATH=

の右辺に該当するパスを追加すればよい。

 さて、PuTTYを用いたSSH接続の方法は簡単である。起動して出てくるPuTTY Configurationのウィンドウにおいて、右上部にある「Host Name (or IP address)の欄に接続使用としているサーバのホスト名、あるいはIPアドレスを入力する。接続プロトコルとして、「Raw」、「Telnet」、「Rlogin」、「SSH」の4つの選択肢がある。デフォルトではTelnetの所に印がはいっているので、SSHの所にチェックを入れる。Telnet、Rlogin、SSHを選択した場合には右上の接続先のポート番号を入力する「Port」欄の中の番号は自動的にデフォルトのポート番号に変わる。もちろんデフォルト以外のポートに接続する場合には「Port」欄にポート番号を入れればよい。なお、デフォルトでの「SSH」はSSH1プロトコルである。


office
office@ukky.net
http://www.office.ac/

[1] http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty


詳しくはScan本誌をご覧ください。
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第8回 「はした金」

  5. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第7回 「三人の容疑者」

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  8. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第9回「勤怠簿」

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×