セキュリティホール情報<2002/01/08> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.22(水)

セキュリティホール情報<2002/01/08>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

<プラットフォーム共通>
▼ Apache
 Apache に複数のセキュリティホール [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=837

 Apache に複数のセキュリティホールが存在します。攻撃者はリモートからこれらの弱点を利用して、ディレクトリコンテンツを表示させたり、システム上に存在する任意の ”.log”ファイルを上書きすることなどが可能となります。

□ 関連情報:

 Apache Apache 1.3.22 Released
http://httpd.apache.org/dist/httpd/Announcement.html

 Apache Week Apache 1.3.22 Released
http://www.apacheweek.com/features/apache1322

 Vine Linux errata 2001/11/06 追加
 apache の新バージョン 1.3.22
http://www.vinelinux.org/errata/2x/20011023.html

 MandrakeSoft Security Advisory 2001/12/02 追加
 MDKSA-2001:077-1 apache
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2001/MDKSA-2001-077-1.php3?

 MandrakeSoft Security Advisory 2001/12/02 追加
 MDKSA-2001:077-2 apache
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2001/MDKSA-2001-077-2.php3?

 MandrakeSoft Security Advisory 2002/01/07 追加
 MDKSA-2001:077-3 apache
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2001/MDKSA-2001-077-3.php3?


<Microsoft>
▽ Windows NT4.0/2000
 「LPC 呼び出しおよび LPC ポート」の複数にわたる脆弱性に関しての情報が更新された。今回の更新では、Windows NT 4.0 Server、Terminal Server Edition の日本語版修正パッチを公開されている。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/current.asp?url=/japan/technet/security/frame_prekb.asp?sec_cd=MS00-070


<UNIX共通>
▼ wu-ftpd
 wu-ftpd に任意のコードが実行可能な問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=890

 wu-ftpd が使用する ”file globbing” の扱い方が原因で、適切にヒープ領域を扱えない弱点が存在します。攻撃者はリモートからこの弱点を利用して、任意のコードを実行することが可能となります。

□ 関連情報:

 Red Hat Linux Errata Advisory
 RHSA-2001:157-06 Updated wu-ftpd packages are available
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2001-157.html

 SuSE Security Announcement 2001/11/30 追加
 SuSE-SA:2001:043 wuftpd
http://www.suse.de/de/support/security/2001_043_wuftpd_txt.txt

 Caldera International, Inc. Security Advisory 2001/11/30 追加
 CSSA-2001-041.0 Linux - Vulnerability in wu-ftpd
http://www.caldera.com/support/security/advisories/CSSA-2001-041.0.txt

 CERT Advisory 2001/11/30 追加
 CA-2001-33 Multiple Vulnerabilities in WU-FTPD
http://www.cert.org/advisories/CA-2001-33.html

 WU-FTPD 2001/12/02 追加
 WU-FTPD Development Group
http://www.wu-ftpd.org/

 CIAC 2001/12/02 追加
 M-023: Multiple Vendor wu-ftdp File Globbing Heap Corruption Vulnerability
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/m-023.shtml

 MandrakeSoft Security Advisory 2001/12/04 追加
 MDKSA-2001:090 wu-ftpd
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2001/MDKSA-2001-090.php3?dis=8.1

 Debian GNU/Linux ─ Security Information 2001/12/04 追加
 DSA-087-1 wu-ftpd
http://www.debian.org/security/2001/dsa-087

 FreeBSD Security Advisory 2001/12/13 追加
 FreeBSD-SA-01:64 wu-ftpd
ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/CERT/advisories/FreeBSD-SA-01:64.wu-ftpd.asc

 MandrakeSoft Security Advisory 2002/01/07 追加
 MDKSA-2001:090-1 wu-ftpd
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2001/MDKSA-2001-090-1.php3

▼ ProFTPD
 ProFTPD に子プロセスを落とすことが可能な問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=931

 ProFTPD は unix 系 OS の FTP サーバです。この ProFTPDが使用する”file globbing” の扱い方が原因で、適切にヒープ領域を扱えない弱点が存在します。攻撃者はリモートからこの弱点を利用して ProFTPD の子プロセスを落とすことが可能となります。

□ 関連情報:

 ProFTPD Bug Tracking System
http://bugs.proftpd.org/show_bug.cgi?id=1426

 Vine Linux errata 2002/01/07 追加
 proftpd のアップデート
http://www.vinelinux.org/errata/2x/20011231-2.html

▼ glibc
glibc に任意のコードが実行可能な問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=934

 glibc (GNU C Library) の glob(3) 実装上の原因により、バッファオーバーフローが存在します。攻撃者はリモートからこの弱点を利用して DoS (サービス妨害) 攻撃をしたり、任意のコードの実行することが可能となります。

□ 関連情報:

 Red Hat Linux Errata Advisory
 RHSA-2001:160-09 Updated glibc packages are available
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2001-160.html

 Hewlett-Packard IT リソース・センター
http://www.itresourcecenter.hp.com/

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE)
 CAN-2001-0886
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2001-0886

 MandrakeSoft Security Advisory
 MDKSA-2001:095 glibc
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2001/MDKSA-2001-095.php3?dis=8.1

 SuSE Security Announcement 2001/12/26 追加
 SuSE-SA:2001:046 glibc/shlibs, in.ftpd
http://www.suse.de/de/support/security/2001_046_glibc_txt.txt

 CIAC 2001/12/27 追加
 M-029: Red Hat glibc Vulnerability
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/m-029.shtml

 Turbolinux Japan Security Center 2002/01/07 追加
 glibc 悪意のあるユーザーによるアプリケーションの停止
http://www.turbolinux.co.jp/security/glibc-2.2.4-9.html

 Vine Linux errata 2002/01/07 追加
 glibc にセキュリティホール
http://www.vinelinux.org/errata/2x/20011231.html


<BSD>
▼ pw
 pw に master.passwd が閲覧可能な問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=954

 pw はユーザやグループを作成/削除/変更/表示などを行うためのユーティリィティです。この pw の実装上の原因により、弱点が存在します。攻撃者はローカルからこの弱点を利用してmaster.passwd ファイルを閲覧することが可能となります。

□ 関連情報:

 FreeBSD Security Advisory FreeBSD-SA-02:02.pw.asc
ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/CERT/advisories/FreeBSD-SA-02:02.pw.asc


<その他の製品>
▽ DeleGate
 DeleGateにクロスサイトスクリプティングの脆弱性が発見された。問題でIPAにも注意勧告が掲載された。

http://www.ipa.go.jp/security/


【詳細な情報サービスのお申し込みはこちら
http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/order/mpid01.cgi?m-sc_sdx


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Microsoft Windows OS において DLL Hijacking により UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows OS において DLL Hijacking により UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

  2. ランサムウェア「Bad Rabbit」感染に注意喚起、水飲み場攻撃を実行か(IPA)

    ランサムウェア「Bad Rabbit」感染に注意喚起、水飲み場攻撃を実行か(IPA)

  3. 「GNU Wget」にリモートから任意のコードを実行される複数の脆弱性(JVN)

    「GNU Wget」にリモートから任意のコードを実行される複数の脆弱性(JVN)

  4. Savitech製USBオーディオドライバに、ルートCA証明書を導入される脆弱性(JVN)

  5. GNU wget に HTTP プロトコルのハンドリングにおける値検証不備に起因するバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  6. アップルがSafari、macOS、iOSなどのアップデートを公開、適用を呼びかけ(JVN)

  7. トレンドマイクロの管理マネージャに複数の脆弱性(JVN)

  8. 「KRACKs」に対して、現時点で想定される脅威と対策をまとめたレポート(NTTデータ先端技術)

  9. 2017年第3四半期はダウンローダーの検出が急増、前四半期の約31倍に(IPA)

  10. Apple IDの不正使用があったとし、セキュリティ質問再設定のリンクに誘導(フィッシング対策協議会)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×