平成13年上半期のハイテク犯罪の検挙状況等を発表(警視庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

平成13年上半期のハイテク犯罪の検挙状況等を発表(警視庁)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 警視庁は、平成13年上半期のハイテク犯罪の検挙状況等について発表した。発表によるとハイテク犯罪は昨年度に比べ約56%増加し、特に児童買春の検挙数が46件(昨年同期1件)と大幅に増加している。また、ネットワークを利用した詐欺事件の件数は2倍に増え、うち6割はインターネット・オークションを利用したものと報告している。サイトにはこのようなデータの他にも、具体的な主なハイテク犯罪検挙事例などが掲載されている。

http://www.npa.go.jp/hightech/arrest_repo/kenkyo_2001_kamihanki.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×