Adobe社の脆弱性を指摘したロシア人プログラマーの逮捕に、ハッカー怒る | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.21(土)

Adobe社の脆弱性を指摘したロシア人プログラマーの逮捕に、ハッカー怒る

国際 海外情報

 先週(7月第3週)暗号化PDFファイルの保護機能を無効にするプログラムを作成したロシア人プログラマーDmitry Sklyarov 容疑者が逮捕された。Adobe社がFBIに、同プログラムがデジタル・ミレニアム著作権(DMCA)法に抵触していると通報したのが事の発端だ。その逮捕を不服とするハッカーたちが、Adobe社に対し抗議運動を繰り広げている。

 抗議運動の中心となっているのは、Peter Shipley 氏とBill Scannell 氏だ。両氏は先ずウェブサイト BoycottAdobe.com を立ち上げ、セキュリティやハッキング・コミュニティのメンバーに対しPhotoshop、PageMakerなどAdobe社の製品を買わないこと、そしてDMCA法を制定した議員に対し同容疑者の釈放を嘆願する手紙を書くよう呼びかけた。セキュリティ・コンサルタントのJay Dyson氏によると、ハッキング・コミュニティはすぐに反応を示したという。「私も今回のFBIの逮捕には、強い怒りを抱いている一人だ。Adobe社は、自社のプログラム上の欠陥をFBIを巻き込んで隠蔽しようとしたのだ。現在、Adobe社に対し怒りのうねりが高まっている」と同氏。さらに、同氏はハッカーたちに対し、Adobe社を攻撃しないよう呼びけている。「ハッキングは、我々の立場を悪くするだけだ。Adobeの製品を使用しないのが、最善の方法だ。当面の目標は、Sklyarov を釈放させることだ」と説明した。同容疑者は現在、ラスベガスの刑務所に拘留されている。

 抗議運動サイトの管理者によると、7月19日にサイトを開設して以来、毎日約500通の支援メールが送られてくるという。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  4. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  5. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×