Code Red ウイルスの防護措置としてサイトへのアクセスを一時遮断(米国防総省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.16(火)

Code Red ウイルスの防護措置としてサイトへのアクセスを一時遮断(米国防総省)

国際 海外情報

 米国防総省は7月23日、先週確認されたコンピュータウイルスCode Red からシステムを防護するため、一般から同省サイトへのアクセスを一時遮断した。同省の広報担当Catherine Abbott中佐は「Code Red が国防総省のネットワークを攻撃する危険性がなくなるまで、殆どの同省サイトへのアクセスを一時的に遮断する。ネットワーク担当者は、この問題に関連した脆弱性を修正するパッチが適切にインストールされていることを確認するため、インターネット情報サーバの状態を精査した」と発表した。

 セキュリティ・ソフトウェア会社eEye Digital Security社のハッキング対策担当責任者Marc Maiffret氏によると、既に30万サイト以上が同ウイルスに感染しており、その中には米政府機関や米軍のウェブサーバも多数含まれている。「Code Red は、月の第一日目に自身を複製するようプログラムされている。つまり、翌月にまた複製を繰り返して同ワームは拡散していく」と同氏は説明した。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×