SSH Secure Shell に管理者権限を奪う脆弱性が指摘される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

SSH Secure Shell に管理者権限を奪う脆弱性が指摘される

国際 海外情報

 フィンランドSSH Communications Security社の製品SSH Secure Shell3.0.0 にパスワード認証に関する脆弱性が発見された。同脆弱性を利用して、悪質なハッカーはUnixサーバのルート権限を奪うことが可能になる。今回指摘された脆弱性は、SSHD2デーモンに対するパスワード認証に関するもので、パスワードの設定が二文字以下のユーザアカウントの場合、空のパスワードを含めどんなパスワードでもログインが可能になる。OpenSSHを使用しているシステムは、この脆弱性の影響は受けない。

 デフォルトで二文字のパスワードを含むシステムには、Red Hat Linux 6.1 から7.1、Solaris 2.6 から2.8、 HP-UX 10.20、 HP-UX 11.00、Caldera Linux 2.4、SuSE Linux 6.4 から7.0などがある。Solarisは今回の問題に対し特に脆弱で、悪質なハッカーは影響を受けるソフトウェアを稼動させているSunのサーバを容易に乗っ取ることができる。

 SecurID トークン、証明書、スマートカード、ホスト認証などを使用しているサイトは、SSH デーモンに対するパスワード認証を無効にすることで、同脆弱性による危険性を回避できる。同様に、OpenBSD、NetBSD、Tru64 サーバも同脆弱性の影響は免れると見られている。SSH Secure Shell は修正プログラムをリリースし、システム管理者に対しバージョン3.0.1にアップデートするよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×