LDAPに脆弱性が発見される(コンピュータ緊急対応チーム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

LDAPに脆弱性が発見される(コンピュータ緊急対応チーム)

国際 海外情報

 カーネギーメロン大学コンピュータ緊急対策チーム(CERT)の研究者がLDAP(軽量ディレクトリ・アクセス・プロトコル)に脆弱性を発見した。CERTによると、その脆弱性はネットワーク外からの許可されていないアクセスを可能にし、悪意あるハッカーがその脆弱性を利用することで、何千というウェブサーバがサービス使用不能(DoS)攻撃を受ける危険性に晒される。DoS攻撃の発生件数は、一週間でおよそ5000件と見られている。

 LDAPは、広範囲に使用されているプロトコルで、互換性のない異なるシステムに保存されたアドレス、電話番号、ディレクトリ名に企業等がアクセスおよび検索することを可能にする。

 同脆弱性の影響を受ける可能性があるのは、以下の製品を稼動させているユーザだ。IBM SecureWay、iPlanet Directory Server、Lotus Domino R5 Server、Network Associates社のPGP Keyserver、Microsoft Exchange 5.5 LDAP Service、OpenLDAP、Oracle 8i Enterprise Edition、Qualcomm Eudora メールプログラム、Teamware Office。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×