自動無線監視ツールWireless Security Auditor を発表(IBM 社) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

自動無線監視ツールWireless Security Auditor を発表(IBM 社)

 IBM 社は7月12日、802.11 無線ネットワークを監視できる自動監視ツールのプロトタイプを完成させたと発表した。リアルタイムでこの自動無線監視ツールを監視且つ解析することにより、ネットワーク管理者はセキュリティ脅威を確実に除去することができ、またWi-Fi(IEE

国際 海外情報
 IBM 社は7月12日、802.11 無線ネットワークを監視できる自動監視ツールのプロトタイプを完成させたと発表した。リアルタイムでこの自動無線監視ツールを監視且つ解析することにより、ネットワーク管理者はセキュリティ脅威を確実に除去することができ、またWi-Fi(IEEE 802.11b対応製品)ユーザのセキュリティ環境が著しく改善される。

 同ツールはPDA(携帯情報端末)上で動作し、監視情報は色分けされてユーザのインターフェースに表示される。アクセスポイントは緑、脆弱なアクセスポイントは赤となっている。ステーションやネットワーク名、アドレス、場所、セキュリティ状態などを含む監視情報は、全てのアクセスポイントで利用可能だ。IBM 社ネットワークセキュリティ担当責任者Dave Safford氏は「無線ネットワークは大きなセキュリティの脅威に直面している。802.11 無線ネットワークのさらなる普及に伴い、企業のイントラネットは益々ハッカー攻撃の危険性に晒されるだろう。当社のWireless Security Auditor は、無線ネットワークの安全性を確保するセキュリティ専門家にとって不可欠なツールとなるだろう」と述べた。

 コンサルティング会社Gartner社は、2005年までに米国の無線データ・ユーザは1億3700万人に膨れ上がり、その殆どは企業ユーザであると予測している。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×