不要になったハードディスクを破壊する規則、撤回(米国防総省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

不要になったハードディスクを破壊する規則、撤回(米国防総省)

国際 海外情報

 米国防総省は、一般への寄付が予定される機密指定外の古いコンピュータに対し、今年(2001年)1月に制定されたハードディスクを破壊する規則を撤回する方針を明らかにした。その理由についてPaul Wolfowitz 国防総省副長官は、学校や非営利組織がより多くのコンピュータを利用できるようにするためと説明している。代わりに、コンピュータを寄付をする時にはハードディスクの上書きが義務付けられる予定だ。その方法は、破壊規則が施行された1月以前に何年間にもわたって取られてきた措置だ。国防総省の広報担当によると、ハードディスクの上書きは、消去に比べて情報の復元が困難だという。また、機密指定のコンピュータのハードディスクは従来通り、破壊されると付け加えた。

 2000年度予算で、国防総省は7万4000台ものコンピュータ機器を学校に寄付した。機密指定外コンピュータのハードディスク破壊を定めた規則は、セキュリティに関する事件が相次いで発生し、セキュリティへの意識が高まった時期に制定されたものだ。事件の一例を挙げると、CIAの元長官で国防総省の元副長官だったJohn Deutch氏は、誤って機密情報を機密指定外の自宅のコンピュータに保存してしまった。後に、同氏はその行為について謝罪した。政府が調査したところ、同氏のコンピュータに保存された機密情報が攻撃を受けた形跡は認められなかった。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×