電子メールの安全性を確保するため、業界団体を創設(OpenPGP Alliance) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

電子メールの安全性を確保するため、業界団体を創設(OpenPGP Alliance)

国際 海外情報

 PGPユーザ間の相互運用性を促進するため、業界団体OpenPGP Allianceが発足された。PGPは電子メール暗号技術で、PKI技術を使用して電子メール通信の安全性を確保する。

 PGPの発明者Philip Zimmerman氏が同団体の中心人物と見られている。同氏によると、同団体の目的は企業が独自にPGPを実装するのではなく、相互運用性を確保して実装を実現することだ。PGPは1991年から販売されてきた。しかし、最近まで強力暗号技術の輸出に関する米国の規制が足かせとなり、その普及は阻まれていた。

 OpenPGP Allianceの創設メンバーには、Biodata社、Gnu Privacy Guard社、Hush Communications社、Laissez Faire City社、LokTek社、Qualcomm社、SSH社、Tovaris社、Veridis社、ZendIt社、Zero-Knowledge社などが名を連ねている。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×