堅牢なポリモ−フィック暗号を開発(英BitArts社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.19(日)

堅牢なポリモ−フィック暗号を開発(英BitArts社)

国際 海外情報

 元コンピュータ・ソフトウェア・クラッカーたちで立ち上げたセキュリティ関連会社BitArts社が革命的暗号化システムを開発した。その暗号化システムを破ることはほぼ不可能だろう、と同社の創業者兼最高技術責任者John Safa氏は述べた。

 同暗号化システムは、データをPCのメモリに読み込むと直ちに変換される仕組みになっている。つまり、データの暗号化および復号化に使用されるプログラム自体の要素がPCメモリ内で変化する。つまり、そのソフトウェアの動作方法を逆アセンブルすることが完全に不可能となる。「暗号化されたデータのストリームを破る唯一の方法は、理解可能なデータ文字列に当たるまで、強引な力業による手法を用いて可能性のある全ての暗号化組み合わせを試してみることだろう。仮にプログラムを逆アセンブルしたとしても、PCのメモリダンプは秒単位で変化する」と同氏は説明した。さらに、実行する度に自身を暗号化することでコードを変化させるポリモーフィク・ウイルスから同暗号化技術のヒントを得たと付け加えた。

 「元クラッカーである当社のプログラマーは、ミューテーション・エンジン暗合化システムを設計するためにこの手法を採用した。メッセージやソフトウェアを保護するために、それらをすっぽり包む“データ・ラッパー”システムを開発する予定だ」と同氏。クラッキング・コミュニティが同システムを破ることを試みているが、現在のところ(4月9日)成功した者はいない。
それに対しSafa氏は「破られるのことのない暗号化システムなどない。当社の技術も非常にパワフルなコンピュータで破られる可能性はあるが、とてつもない時間を要するだろう」と述べた。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  2. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

    スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  3. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

    インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  4. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  5. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  6. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  7. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  8. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×