サイバーテロの脅威に関し警告(英国) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

サイバーテロの脅威に関し警告(英国)

国際 海外情報

 英外務大臣Robin Cook氏は3月29日下院で、サイバー攻撃の脅威に関し演説を行った。同氏は演説の中で、ハッカー攻撃は軍事上の兵器よりも迅速かつ効果的に国の機能を麻痺させることができると警告し、さらに「英国の社会的基盤がコンピュータ技術にかなり依存しているため、サイバー攻撃が国の基幹サービスに深刻な被害を与えかねない。特に水道、電力、輸送などの基幹サービスは全て電子的に制御されており、それらのシステムが一番の攻撃対象となるだろう」と付け加えた。また、同氏はコンピュータ化によるプラス面にも触れ、「通信技術の革命は、広範囲にわたって新しい機会をもたらした。英国では毎秒、36万件の電子メールが送信されている」と述べた。
 今回の演説は、下院のセキュリティおよび情報委員会が発表した報告書を受けて行われたものだ。同委員会は報告書の中で、LOVEバグなど猛威を振るったウイルスの発生に際し、対応の遅れが事態の深刻化を招いたと指摘。Cook外務大臣は演説で「対応の早さ如何により、現代社会が混乱に陥るか、または通常の平静さを保てるかの別れ道になる」と述べた。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×