政治的メッセージを掲げるウイルス出現(Computer Associates International社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.24(木)

政治的メッセージを掲げるウイルス出現(Computer Associates International社)

国際 海外情報

 Computer Associates International社のアンチウイルス担当責任者Ian Hameroff氏によると、パレスチナ支持のメッセージをまき散らす新種の電子メールウイルスが確認された。Injusticeと呼ばれるウイルスは、ファイルの破壊などを行う悪質なペイロードを含まないが、実行されるとInternet Explorerを開きパレスチナ支持派の6つのウェブサイトを表示する。さらに、同ウイルスは25のイスラエル政府関連機関のアドレスに電子メールを送信し、ユーザのOutlookアドレス帳に記載されている最初の50名に対し自身の複製を送りつけて増殖する。「このウイルスの出現は、我々が政治ハクティビズムと呼ぶものの一例だ」と同氏は説明した。政治ハクティビズムとは、インターネット上でゲリラ的政治活動を行うことを指す。3月19日、Computer Associates International社のもとには、米国の企業顧客から同ウイルスに関する届出が5件寄せられた。

 同ウイルスは件名“injustice”という電子メールの形で届けられる。同メールの添付ファイルを実行すると『心配には及ばない。これは、無害なウイルスだ。パレスチナ人民が彼らの地で平和に暮らせるよう支援することが目的だ』と書かれたメッセージが表示される。添付ファイル名は、injustice.txt.vbsとなっている。

 同社では現在、Injusticeウイルスを阻止するためアンチウイルス・ソフトに修正を加えている。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×